日産リーフ(LEAF)起動時のインパネ映像。運転席とインパネ回り。

日産リーフ(LEAF)

 リーフの運転席は

 先日納車された日産リーフで走ってみました。

まず運転席はこんな感じです。

値段の割に高級という感じもしませんが、そんなに乗り心地が悪いという感じでもありません。たぶん長時間座ってもそんなに疲れない感じ。

   日産リーフ(LEAF)のインパネは。

  日産リーフのインパネはこんな感じです

エンジンを起動すると・・・いや間違えました。起動スイッチをONですね。起動スイッチはここ。運転席の左よりです。

 

と、インパネはこのように起動します。

日産リーフ 電源スイッチ起動。スイッチを入れた瞬間のインパネ。

起動画面の後、まず前後左右の安全センサーがONしている事が表示され、その後、走行可能距離が表示されます。画像では361km。

何とも未来的な感じですね。昔のSF映画を見ているような印象です。

まず街乗りをしてみる。加速は・・・

まず街の中を少し運転してみました。

加速は、結構良い感じです。むしろガソリン車よりも軽く加速するような印象です。

 ただガソリン車と間違えると危ないかも。理由はスーッと進んじゃうから。

ただガソリン車と間違えると危ないと言う気もします。エンジンブレーキ特有の減速とは違う減速タイプだという印象を受けました。カーブ等での自然な減速が緩いという印象。私の印象です。

市街地でスイスイと運転していると、そのうち「ヒヤ(汗)」っとする事もあるでしょう。

家族にはよ~くよ~く注意して置こうと思います。

まとめ

インパネ周りはとても近未来的です。未来の車に乗っているようで、とても楽しい気持ちになります。

また乗り心地はとても良い車です。

「慣れれば、気持ち良く走れるだろうな」という感想を持ちました。

ただし、ブレーキの減速感はガソリン車とは一味違うので早く慣れた方がいいでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました