ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)カードとは? 電気自動車の充電カードについて 

日産リーフ(LEAF)

ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)に入会

電気自動車の日産リーフの購入と同時にZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)というサービスに入会しました。
充電カードを発行してもらい、そのカードで外出先でも沢山の充電スタンドで充電できるシステムです。

詳細はこちら(日産ホームページ)

日産:日産電気自動車 充電について | zesp3
日産電気自動車 充電について。ZESP3の料金システムと日産レンタカー割引サービス。エマージェンシーサポートプログラムについてご覧いただけます。

何度も書いている事ですが、電気自動車(EV車)を初めて購入した私にとっては外出先での充電が一番の心配事です。

日産のZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)の契約プランは3つ

日産のZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)の契約プランはこちら。
契約プランはプレミアム10、20、40と3段階に分かれています。
さらに1年契約にすると1回あたりの外出先で充電は大分お安くなります。

 

私が選んだ契約プランはプレミアム10

我が家の電気自動車「日産リーフ」は遠出をする事を前提に購入した訳ではありません。
だから契約プランは「プレミアム10」の3年縛り(3年定期契約料金)にしました。
今後の外出先での充電回数によってはプラン変更をしたいと思っています。

「株式会社e-Mobility Power」が運営する全国の充電スタンドならどこでも充電

購入する前はどこで充電できるのだろう?と思ったら、
「株式会社e-Mobility Power」が運営する全国の充電スタンドの急速充電器で充電できます。具体的には高速道路、コンビニエンスストア、道の駅等です。

今後のプラン変更について

買ってまだ1か月経過してない我が家の日産リーフ(LEAF)。

最初は「まぁ近場で運転するのだから」と思っていましたが、実際に電気自動車を購入して乗ってみると、意外と加速が良い。高速道路でも静か。安全装置が沢山ついている。
という予想外の使い勝手の良さが理由で、少しずつ遠出する機会が増えています。

正直言って、まだ今まで使った電気料金まで計算できていません。

今後、自宅で充電する場合と、外出先で充電する場合とどちらが電気代が安く上がるか等ゆっくり調べてみようと思います。こんな点もEV車に乗る楽しみかもしれません。

ちなみに充電スタンドを運営する会社は

ちなみに「e-Mobility Power」は、とは大手電力会社が運営する充電会社の事です。社名の通り今後のEV車の普及を見越して設立された会社なんでしょう。
ホームページはこちら。

株式会社e-Mobility Power | EV・PHV/PHEV等の急速充電サービス・充電インフラの整備・拡充
e-Mobility Powerは、EV・PHV/PHEVなどの急速充電器をはじめ、『いつでも、どこでも、誰もがリーズナブルに充電できるサービスの提供と充電インフラの整備・拡充』を行う会社です。

もともとは「合同会社日本充電サービス(NCS)」という会社だったそうです。それが出資企業の変更等で、今の「株式会社e-Mobility Power」になったのだそうです。

すこし調べてみた範囲では元々は大手自動車会社の出資で始まったようですが、そこへ大手電力会社が資本参加して、元々の「合同会社日本充電サービス(NCS)」は一旦解消。新たに設立された「株式会社e-Mobility Power」にEV車への充電スタンド運営事業は継承されたのだそうです。

私の推理ですが、電気自動車への充電サービスそのものは自動車メーカーの運営から、電力会社の運営に引き継がれるのだと考えます。

自動車会社はその分、電気自動車の製品開発や関連する交通システムに集中するのでしょうか?今後の電気自動車業界の発展が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました