TOYOTA クラウン新型(16代目)発売

気になる新車

トヨタ クラウン新型が発表!

クラウンの新型がついに発売になりました。
(1955年から今回で16代目だそうな)

4つのバリエーションが同時に発表だそうです。
以下に車種別のリンクを貼っておきます。

4つのタイプ

・クロスオーバー

新型クラウンは4バリエーションでした (AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
セダンもある。 - Yahoo!ニュース(AUTO BILD JAPAN Web)

・スポーツ

新型クラウンは4バリエーションでした (AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
セダンもある。 - Yahoo!ニュース(AUTO BILD JAPAN Web)

・セダン

新型クラウンは4バリエーションでした (AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
セダンもある。 - Yahoo!ニュース(AUTO BILD JAPAN Web)

・エステート

新型クラウンは4バリエーションでした (AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
セダンもある。 - Yahoo!ニュース(AUTO BILD JAPAN Web)

事前情報ではセダンはなくなりSUVに統一と聞いていたが

事前情報では「セダンはでない」という事だったので意外が展開ですが、やはり「クラウンといえばセダン」というイメージがあります。
法人需要や従来からのファンの期待も裏切りたくなかったのでしょう。

スポーツとエステートはクロスオーバーの後席から後ろのデザインが違うだけのようです。

価格帯

今後1年半かけて4つのモデルを順次発売されるそうで、まずは第一弾としてこの秋(2022年)クロスオーバーがリリース。価格帯は435万円~640万円との事。
最高ランクでオプションをフル装備とすると700万円位でしょうか(私の想像)。

エンジンタイプ

エンジンはは2種類で、2.4リッターと2.5リッターとの事。どちらもハイブリッドだけのようですが、もしかしたらガソリンエンジン車もラインナップに入るのかもしれません(このあたりはパンフレットを見ないと何とも言えません)。

個人的に惹かれる車種は

今のハリアー(60系)はそろそろ車検だし、そろそろ次に車種が気になっていたところです。

個人的に惹かれているのはクロスオーバーなんですが、私の趣味はゴルフとロードバイクとサーフィン。これらの備品を運ぶので、ある程度の車内に天井の高さが必要です。今乗っているハリアー(60系)はこれらの趣味に大活躍してくれています。新型クラウンのクロスオーバーはどうもトランクの車高が低そうです。ゴルフだけならクロスオーバーで十分ですが、ロードバイクやサーフィンボードを運ぶとなると少々考えてしまいますね。

ハリアー(60系)にロードバイクをそのまま積めるか? 
ロードバイクの名コースを制覇したい。だけど名コースは自宅から遠い・・。 トヨタハリアー60系)にロードバイクをそのまま積めるかどうか試してみました。 ロードバイクを楽しむ人は名コースを走ってみたいと常々思っているものです。 「...
トヨタハリアー(TOYOTAHARIIER)はゴルフバックを何個積めるか?
友人達とゴルフに行ってきました。今回は私を含めて3人です。そんな訳で3人分のキャディバックとボストンバックをを積んだところでこの画像を撮影しました。ゴルフ場に慌ただしく向かう中だったのでご覧の通り雑に積んでいますが、3人分のゴルフのキャディ...
HARIIER(ハリアー)に中積できるサーフィンボードのサイズ。
HARIIER(ハリアー)でサーフィンに行ってきました。 ボード中積みです。 画像の通り助手席を倒し、リアシートをたたみめば、ボードは中積みできます。 このボードは8フィートです。 ロングボードというよりもフ...

これらの役割を新型クラウンにも担ってもらうとなると車種はスポーツかエステートになります。

でも年齢(50歳代前半)的に考えると、スポーツとエステートは少々若すぎるかなぁ。まぁゆっくり考えます。

 

私のハリアー(60系)の画像。車検も一回通したし、そろそろお別れを決断する時がきたかもですね。

過去に書いたクラウンの記事はこちら

新しいクラウンはSUV。楽しみです。新型ハリアーではなくてそっちを待つかも?
なんと!クラウンがセダンの発売を終了するかもしれない クラウンがセダン生産終了とのニュースがありました。 上記リンクのニュースによると、トヨタ自動車はクラウンについて次回のモデルチェンジからはセダンを発売しない方向で検討して...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました